維持コストの問題で車を売っている法人は多い

投稿日 2015年1月20日 火曜日

コメント コメント(0)

車を売却している方々の理由の1つに、維持費用があります。
そもそも車というのは、持っているだけでコストがかかってしまいますね。自動車税や駐車場の料金など、様々な費用が発生するのです。その維持費用を捻出するのが難しくなってきたので、車を売却しようと考えている方々はとても多い訳です。

法人も維持費用で車を売る事が多い

ところで上記の維持費用は、どうも個人の方々だけではないようです。法人の方々も、コストの問題で車を売却している事例がしばしばあります。
インターネットで車買取の情報サイトを見てみますと、たまに社用車の売却に関する事例を見る事ができます。その内容を見てみますと、維持が困難になってきたので社用車を売却している事例が非常に多いですね。思うに法人の場合も、車の維持コストがかかるのは同じです。上記のような駐車場料金などは、もちろん法人も支払わなければなりません。レンタル駐車場などを用いていれば、もちろん毎月費用を支払っていかなければなりません。また自動車税なども、やはり同じですね。
個人だけでなく、法人も車の維持費用に腐心している事例は意外と多い訳です。

トラックやフォークリフトなどの維持費捻出が難しくなったので売却

ところで社用車といっても色々ありますが、トラックなどではそのような事例が意外と多いです。経営の問題などにより維持費用の捻出が難しくなったので、それを売却しようと考えている法人はとても多いようですね。何もトラックに限らず、重機なども同様です。フォークリフトも維持費用などがかかってしまいますが、その稔出が困難なので売却をしている事例も多数見られます。
車種の事例は様々ですが、総じて事業の縮小などに伴って車の売却を行っている法人が多いようです。

検索

タグやエントリータイトルなどキーワードを入力すると、このサイト全体から記事を検索できます。

このブログについて

愛車を手放すという方はご覧下さい